補強

10/09/23

 

梁の下から地面まで高さ4m・・・・。

おまけに揺れる。

小屋組みを組み立てていくのに、ここで落ちたりしたら割に合わない。

そこで、というか、やはり筋交いと火打材を追加することにしました。

       
         

筋交いは柱と梁を固定するもの。

火打材は水平面の剛性を確保するもの。

       
         

すっきりとした大空間はあきらめて

見た目にもしっかりしたイメージになりました(笑)

梁の上に足場板をのせていよいよ小屋組みに突入です!

屋根さえできればコンバインやら乾燥機やら中に入れることができます。

 

ハヤル気持ちを抑え

くれぐれも事故のないように慎重に慌てず進めていこうっと!!

 

 

inserted by FC2 system