今、思う

11/05/12

 

 

菅首相が原発に頼るエネルギー政策を白紙に戻し自然エネルギーへの転換を模索していくと言ってた。

批判ばかりで何者か良く分からない国会議員が多い中で

公式の場で発表したことは素晴らしいことだと思った。

もちろん、こんな状況でも原発推進は止めてはならないと言える国会議員も素晴らしいと思う。

何が言いたいかというと、

自分の考えを自分の言葉で表現できることが素晴らしいということである。

今後、エネルギー政策に対しての議論を通じて本当に必要な議員は誰かを見極めていこうと思う。

「沈黙は美」はもう古い。(小沢、お前のことや)

選挙中、決まったセリフを繰り返し、やたら低姿勢な候補者も必要ない。

 

エネルギー政策の転換、僕は大賛成です。

それだけで1票入れる価値はある。

それくらい今後の日本、世界の行方を左右する課題である。

いっそのこと東電は発電所や送電線を国や民間に売却し、補償に充てればいい。

エネルギーの独占が今回の問題の根を深くしている。

今後の、政策論議がとても興味深い。

普天間問題みたいなことにならないことを祈るのみ。

 

福島原発関連の報道を見るたびに、その目に見えないものに対する不安は息苦しい。

「覆水盆に返らず」

自分の故郷を捨てる悲しみは想像を絶する。

もし僕が、在原を離れなければならないということになったら、、、、なんて考えたくもない。

これ以上、福島の悲劇を繰り返してはいけない。

 

 

 

 

inserted by FC2 system